ゲームで恋、しませんか?

ゲームだからこそ
恋が芽生える

恋庭は、心でつながるゲーム×マッチングアプリです。

運命の人とマッチングし、ゲームや会話を楽しみながら
2人だけの美しい庭をつくりあげましょう。

ゲームについて

自分の庭を育てよう

恋庭は、作物を育て、動物を集め、庭を発展させていく、のんびり農園ゲームです。

あなたが訪れた庭は、大嵐によって荒れ果ててしまっています。作物を育てながら、庭をきれいにお手入れしていきましょう。

お手入れが進むと、庭がどんどん広がっていきます。

2人の庭を育てよう

マッチングした相手と協力して、2人だけの庭「恋庭」をきれいにしよう。

恋庭では、自分の庭では見ることのできない珍しい作物や、動物にも出会えます。

マッチングについて

感性の合うユーザーを選ぼう

アバターを見て、気になる人に「いいね」を送ろう。

マッチングが成立すると、2人だけの庭「恋庭」が誕生します。

お互いを知ろう

2人でゲームを進めていくほど、相手についてどんどん深く知ることができる仕組みになっています。

運命を感じたら、告白して「カップル」になろう。

恋庭の出会いの特徴

「知ること」でつながる

2人で恋庭を進めていくことで、お互いのプロフィールが徐々に公開されていきます。

また、2人だけの秘密の質問「プライベート質問」が投げかけられることも。

自分では聞きづらいことでも安心。自然な流れの中で、親密になることができます。

「会話」でつながる

たとえ趣味が一緒でも、たとえ出身地が一緒でも…今までのマッチングアプリでは、どうしても会話が続けづらいという声がちらほら。

恋庭では、徐々に解放されるプロフィールの内容や、ゲーム内での出来事を話題として、気軽に相手とのやり取りを楽しむことができます。

「協力」でつながる

1人ではクリアできない困難も、2人で協力すれば必ずクリアできるはずです。

恋庭では、お互いの動きがリアルタイムで反映され、メッセージのやり取りだけでは感じられない、お互いの「存在」を感じることができます。

庭での共同作業を通じて、2人の仲はずっと深まります。

カップルや夫婦でもプレイ可能!

マッチング制限モードも

実は、恋庭は友達や恋人ともプレイができます。

「マッチング制限モード」を使えば、一切のマッチング機能が使用できなくなるので、夫婦・恋人同士でも安心してプレイできます!

ゲームを通じて相手を深く知ることができる仕組みを活かし、未来のカップルはもちろん、全ての友人関係や恋愛関係を応援します。

恋庭をもっと知る

一緒に集めよう

恋庭では、たくさんの不思議な作物や、素敵な動物と出会うことができます。

見つけた作物や動物は、図鑑に登録!

2人で協力して、目指せ図鑑コンプリート!

オブジェで遊ぼう

お気に入りのオブジェを設置して、恋庭をカスタマイズすることができます。

2人で素敵な庭をつくりあげよう!

おしゃれを楽しもう

恋庭には、たくさんのファッションアイテムが揃っています。

多彩なファッションアイテムでスタイリングして、コーディネートを楽しもう。

おしゃれを極めて、ファッションコンテストで勝利しよう!

ゲームで出会うのが少し不安な方も…

恋庭の安心設計

「年齢認証」実施

メッセージのやり取りを行うためには年齢認証が必要となります。

「冷やかし・業者」防止

「心でつながる」ためのゲームの設計により、悪質行為や業者の介入が発生しにくい環境を実現しています。

「顔出し」不要

アバターによるマッチングなので、顔写真の送信の必要がありません。

※インターネット異性紹介事業届出済 受理番号:30210031-000
※恋庭では個人情報の保護の観点より「TRUSTeマーク認証」の取得申請を予定しております

特許取得!

「恋庭」は、
ゲーム×マッチング
の仕組みに関する
特許を取得しています

※日本国特許庁 特許番号 特許第6714757号
※ゲーム機能をマッチング機能と組み合わせ、幅広い出会いの機会を提供可能なマッチング・システムを実現するサーバの提供

話題の記事!

LIG株式会社が運営するLIGブログにおいて「恋庭」をご紹介いただき、なんと公開2日目にして「殿堂入り」を果たしました!

元部下の部屋を男女2人が勝手に全力で森にする。部屋に森をつくるという共同作業を通じて、果たして恋は芽生えるのか…?帰ってきた元部下の反応は…?

日経新聞で紹介!

日本経済新聞にて、「恋庭」についてご紹介いただきました。

新型コロナウイルスの完成拡大が若者の「出会いの場」に影響を与えている中、ゲーム感覚で一緒にネット上で「庭」をつくり、関係を深めるユニークなアプリとしてご紹介いただいています。

多数メディアに掲載されています